スポンサーサイト

  • 2016.04.17 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    GWに平湯温泉からバスを駆使して白川郷に行ってきました

    • 2015.05.05 Tuesday
    • 21:22
    5/2〜5/4の2泊3日、女子3人で岐阜県平湯温泉宿泊・白川郷観光・高山古い街並み散策をしてきました。
    私が旅行幹事で色々大変だったので、この記事が同じように幹事をされる方の参考になったらなーと思います。


    移動は基本的にバスです。白川郷と平湯温泉は全く路線がありません。
    また、松本駅・平湯温泉・高山・白川郷と各所バラバラに点在しており、各間を移動するのに最低1時間はかかります。
    更にGWの渋滞があいまって、予定時刻より遅れることが当然。

    今回、平湯温泉に泊まりましたが、白川郷へ行くには高山に宿泊するのが鉄板らしいです。
    しかし旅行計画を立てるのが遅かった(出発の1ヶ月前)ので既に高山で宿泊できる場所がありませんでした。
    平湯温泉で泊まった宿はそれは素晴らしかったのですが(この記事の後半からレビューしようと思います)、

    白川郷の周辺は物凄い渋滞します。あの列を見てうんざりしない人はいないでしょう。
    結局白川郷へは予定時刻を1時間半以上過ぎて到着することとなりました。(バス用?の迂回ルートを通ったにも関わらず!)
    おかげで長い時間かけて東京から訪れたにも関わらず白川郷は2時間も居られませんでした。
    更にバス自体が非常に混みます。
    行きは予約制のバスに乗りました。しかし帰りは良い時間帯に予約制のバスが無く、(そもそも1ヶ月前から旅行計画を立てたので、良い感じのバスがあったとしてもすでに予約が埋まっていたかも)自由席のバスに乗ることとなったのですが・・・。
    発車10分前にバス停に行ったら驚きの長蛇の列。もはやバス1台じゃ足りないことは明白です。
    結局のところ、1時間前に発車する予定だったバスの到着が遅れた原因で、前のバスに乗車予定だった人達も並んでいたための行列だったので無事バスへ乗車できました。
    1時間前のバスに乗る予定だった人達、予定総崩れしただろうなぁ。他の特急席の予約とかしてたら悲惨。

    もしGWに白川郷へ行かれる方へ伝えたい事は、
    1.旅行の計画を立てるのに1ヶ月前からでは遅すぎる
    2.宿泊は高山〜白川郷間の何処かが良い(白川郷自体に宿があるので、そこに泊まれば移動の心配はなくていいかも。合掌造りの宿もあるし!)
    3.渋滞を見越した予定を立てる
    です。

    うーん。世界遺産の人気ぶりと各所の交通の不便さを舐めておりました。


    続きからもう少し詳しい日程と各所のレビューを書きます

    宿・往復特急券・一部のバスチケットはJTBを利用しました。
    肝心の白川郷へのバスチケットは自分でとりました。一応お願いすればJTBでもとっていただけるようですが、手数料がかかります。

    バスは全て濃飛バス(と共同運用のアルピコ交通)を利用しました。
    事前に濃飛バスのウェブサイト(http://www.nouhibus.co.jp/)から予約制バスのチケット購入と時刻表の印刷ができます。
    バスの本数が少ないので事前に乗るバスを目星つけておいたほうが良さげ

    ◎1日目
    10時に新宿発で12時頃に松本駅着。松本BT(バスターミナル)から平湯温泉経由で宿泊先のガーデンホテル焼岳へ。到着は16時ごろでした。
    松本からホテルへ直行するバスは無いので、平湯温泉で乗換えが必須です。
    乗り換えの待ち時間が1時間もあるので、退屈するかなと思ったのですが、平湯温泉BTには大きなお土産屋さんと足湯があるのであっという間にバスの乗車時間になりました。

    ガーデンホテル焼岳は目の前にバス停があるのですが、泊まるバスの本数が少ないです。
    一本前のクマ牧場はもう少し本数が多いです。クマ牧場からは歩いて10分〜15分程度。うねった坂道を歩くことになりますが、舗装されているので2泊3日の荷物を持っても歩いていける距離かと。

    ホテルレビューは最期に。

    ◎2日目
    ホテルからバスにて1時間半ほどかけて高山へ移動。
    高山から11時くらいに白川郷へ出発。渋滞を経て13時半に到着。
    中は人であふれています。家族連れが多かったです。
    天気もよかったし、お店もたくさんあって、川もある。子供が遊ぶのにもいいんでしょうね。
    あと若いカップル。


    またバスにのって展望台へ。白川郷が一望できます。あーどっかで写真みたわーの光景。
    北アルプスの山並みも見れるし、風が気持ちいいし、行ってよかったです。


    時間が無いのでのんびりすることなくサッサと下山。
    お店も多く、人も多く、合掌造り以外の家や車も目立つので、思ってたのとちょっと違うな〜・・・と思いつつ「合掌造り民家園」へ(見学有料)
    中に入ってみると人がぐっと減り、合掌造りの家ばかり。

    あー、これこれ!思ってたのこれ!って感じ。建物の中にも入れたので良かったです。
    中でどぶろくアイスが食べれたようですが、時間がなくて逃してしまいました。
    これ、とっても美味しいらしいです。ここでしか食べれないので残念です。いつかリベンジした〜い

    15時台のバスに乗り、また高山乗り継ぎで18時にホテルへ到着しました。
    白川郷でのんびり観光するなら4時間は欲しいかなぁ。

    ◎3日目
    新穂高ロープウェイに行こうかと思ってましたが、天気が悪いので高山散策へ変更。
    10時にホテルをチェックアウト。
    12時近くに高山へ到着し、高山駅から徒歩で古い町並みへ。15分〜20分で到着します。
    古い町並みは狭い道に色々な店が立ち並び、非常に混み合っていました。

    風景を楽しむというよりショッピングを楽しむ場所ですね。
    古い家屋を博物館にして開放しているところがあるのですが(友人が忍具に喜んでました)、メインはお土産と買い食い。

    14時頃のバスに乗って高山から松本へ(2時間かかる!し、渋滞で遅れて特急に間に合うかヒヤヒヤしました)
    17時頃松本から特急で19時半に新宿着。


    とにかく移動時間が長く、間はずっと寝てました。
    観光旅行に来たのに「こんなに寝たの久しぶりだな〜」って感じ。
    友人が「大人になるといつでも寝れるよね」としみじみと零していたのですが・・・子供は耐えられないだろうな。
    仲の良い友達との旅行だったので楽しかったのですが、値段の割りに(8万くらいしたよ)観光した感はなかったです。


    ◎奥飛騨ガーデンホテル焼岳

    ホテルの自慢はたくさんの種類の温泉(混浴もあるよ)と、食べきれないほどのご馳走。
    温泉には岩盤浴もあります(岩盤浴は追加料金かかるところが多いのですが、ここは無料!その代わりぬるめ)
    後、古い列車を利用したカラオケ列車があります(我々は利用しませんでしたが)

    奥飛騨には「おおごっつぉ」といって食べきれない料理を出しておもてなしをする風習があるとか。
    ほんとに食べきれないほど料理が出ます。メインが3回くらい来る感じ。女子にはツライ!
    しかも最期まで美味しい料理が出るので(奥飛騨牛ハート)お腹いっぱいなのに・・・出てくると箸付けちゃう!
    おかげで2日目3日目はお昼抜きで観光できました。時間がタイトだったので非常にありがたい。
    個室で囲炉裏を囲んでご飯が食べられるのも良かったです。(囲炉裏・・・もどきで掘りごたつ式。足もラクチン)
    もう浴衣乱れまくりだけどキニシナーイ!

    更に魅力的なのは従業員の方々がとにかく親切。
    一番印象的なのは給仕の方。完全に親戚のおばちゃんです。
    ご飯食べなくて怒られる子供(私)

    おばちゃん「次はごはんと味噌汁ですからね」
    私「あ、私お腹いっぱいなのでごはんは結構です」
    おばちゃん「も〜はじまった!」
    私「(゜д゜;)」
    おばちゃん「お味噌汁は?つみれだから美味しいですよ!」
    私「(お茶で流し込んでるから水分もきついけど・・・)じゃ、じゃあお味噌汁だけ」

    〜数分後〜

    おばちゃん「ごはんだけどね、見方を変えれば食べられるでしょ?うなぎ持って来ましたからね!」
    うなぎ握り(しかもでかい×2)
    私「!? (;´゚д゚`)」
    友人「笑」

    〜次の日の朝食〜

    おばちゃん「昨日うなぎだけ食べたでしょ!!」
    私「すいませぇん・・・」
    友人「大笑」

    清潔で親切でまた行きたいと思える宿でした。
    いつか新穂高ロープウェイにも行ってみたいなーと思うので、その時にはまた利用させていただこうと思います。

    スポンサーサイト

    • 2016.04.17 Sunday
    • 21:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << March 2018 >>

      アクセス

      QLOOKアクセス解析

      twitter

      pixiv

      blogRanking

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM